松の花紹介ムービー

高島の魅力が体験できるところ♪

西近江の地酒 松の花 【川島酒造株式会社】

川島酒造 松の花 酒蔵

創業:慶応元年(1865年)

 

近江の湖西路は、比良連峰を遙かにのぞむ風光明媚な土地柄。清酒 松の花はこの恵まれた自然の中で創業以来140年余りたえず飲む人の健康を考え、本物の味を求めて酒造り一筋に歩んでいる蔵元です。又 地域文化の守り手でありたいと願っております。 

 

銘柄由来:創業時、酒蔵建造のため伐採した古い松に対する忍びがたい思いを込めて『松の花』と命名

酒造り紹介

酒造りとは
酒造りに使う井戸の仕込み水
地元契約栽培の酒米 玉栄
杜氏(とうじ)と蔵人(くらびと)

酒蔵見学へようこそ

日本の文化に古くから関わりのある日本酒は、空気中の微生物の力を借りて、水と米から酒を醸すという単純そうで実は自然界のメカニズムをたくみに利用した複雑な技術で造られています。

 

当蔵では奥の深いこの日本酒の魅力をより多くの方に知っていただきたく、酒蔵を公開しています。

 

近年では遠くは欧州やアメリカからもさまざまな方々が見学に来られています。団体様、お一人様でも歓迎いたします。

 

また当蔵は日本でもめずらしい『絵のある酒蔵』という特徴があります。これは先代の女社長が引退後、70歳の手習いではじめ、10年の間描き続けた油絵が蔵のあちらこちらに飾られているからです。こちらもぜひご覧ください。

 

見学可能時間:お盆、年末年始を除く10時~16時

 

※出来るだけ事前にご連絡ください。事前にご予約いただければ、お盆、年末年始でも酒蔵見学を受け付けます。

 

駐 車 場 :大型バス5台、乗用車20台 駐車可能。

 

お 食 事 :要予約です。お電話でお問い合わせください。

社員紹介

川島達郎【社長】

 

大地の恵みによって生かされる地酒造りに、地域文化の担い手としての喜びを感じています。

川島純子【専務】

 

専務とは名ばかりですが、縁の下の力持ちとしてがんばっています。

吉井【営業】

 

美味しいお酒を一人でも多くの人に飲んでいただけるよう、営業がんばっています。

谷口【営業・蔵人】

 

子供たちも自立し、以前から日本酒の伝統文化に触れたかったので愛飲していた松の花の蔵へ転職させて頂きました。

青谷【蔵人】

 

冬季の仕込み時に酒造りをしています青谷です。以前は営業もしていましたが、酒造りの魅力にはまってしまいました。

 

岡本【営業】

 

2016年の3月から入社した岡本です。以前は酒販売店で仕事をしていましたが、日本酒一本で仕事がしたいと思い松の花の蔵に転職させて頂きました。まだまだ分からないことばかりですが、頑張っていきます。

添田【事務】

 

2016年4月から入社しました。

事務経験は少しありますが、お酒のことは全くの素人です。

日々勉強しながらお酒の魅力をたくさん見つけていきたいです。

保武【営業】

 

お酒造りがしたくて、2017年4月に入社しました。

美味しいお酒を造れるよう頑張ります!