松の花紹介ムービー

高島の魅力が体験できるところ♪

杜氏と蔵人

その冬一番にしぼれた新酒はまず蔵にお供えします。
その冬一番にしぼれた新酒はまず蔵にお供えします。

 

 

松の花では冬の11月頃から酒造りが始まります。造りが始まると3月に終わるまで休み無く酒造りをするのが杜氏(とうじ)と蔵人(くらびと)です。

 

 

杜氏が酒造りの全ての指揮をとり、杜氏のもとで蔵人が一丸となって酒造りをします。

 

 

杜氏の紹介

 

向 守三郎(能登杜氏)

 

毎年11月から3月までの間、蔵に泊り込み酒を造るため石川県の珠洲市から来られます。

 

造る酒はくせがなく味のあるタイプに仕上げます。